書い人(かいと)のブログ

書い人(かいと)のブログ

ゲーム開発と雑記を主に書いています!

IQが高いタイプの天才について

どうも、書い人です。

今回は天才といわれる人たちのなかでも高IQの人たちに焦点を当てた雑記にしたいと思います。

情報源は主にネット(笑)。IQについて書かれている本って意外と少ないような気がします。

○前置き

まずIQに焦点を当てた話になりますので、独創性やらEQ(こころの知能指数、人徳の高さみたいなもの)についてはさておきます。

ちょっとドライかとも思いますが、話が変わっていくのを避けるために、話はIQに固定してずらさないことにします。

でも、書い人が『IQ至上主義!』とかいうわけではないですよ。

○IQ(知能指数)ってなに?

知能指数という訳(翻訳)からも分かるように、知能の発達の度合いについて数値化したものです。

人類の平均IQは100になります(参考までに、東大生の平均は120と言われています)。

物事を同時並行で処理したり、複雑な問題を素早く正確に解いたりする能力になります。

規則性のあるクイズなどを解くのが早い人などが顕著に該当するはずです。

○IQが高いとどうなる? 長所

学校などの勉強ができる(言わずもがな)。

相手の考えが読める(その時の状況やわずかな表情やしぐさ、たたずまいなどから総合的に勘案(かんあん)して判断する)。

情報や仕事の同時並行処理(マルチタスク)などが得意。

複雑で込み入った物事を簡単に考えられる。

○IQが高いとどうなる? 短所(欠点)

同世代の人(特に子供のとき)と話が合わない(他の子と比べて頭が良すぎるため)。

学校の授業が退屈・苦痛(既に理解しているか、すぐに理解できることをノロノロと教わるハメになる)

なぜ簡単に理解できないのかが理解できず、他人に物事を教えるのが下手。

○IQが高いとどうなる? 性格

知的好奇心などが豊富で、本などで調べものをするのが大好き。

興味のないことには徹底的に無関心。

感情に流されず、冷静(論理的に物事を考えられるため)。

○高IQが役に立たなかった事例

ウィリアム・ジェイムズ・サイディズというアメリカの天才(神童)がいましたが、精神を害したためか、ほぼ能力を発揮することなく生涯を終えています。

6歳で大学レベルの試験で合格点を取った、などとんでもない天才・神童ではあったのでしょうが、天才児教育の精神的な有害さが指摘されています。

○もう一言

IQが高い、と一口に言っても程度はありますね。人並みよりは高い(IQ110~120)、かなり知能が高い(IQ130~140)、天才といって差し支えない(IQ150~)、人外というか、考えるための遺伝子・脳の構造の人(IQ200~)など。これらの表現は書い人のオリジナルですが、そこまで的外れでもないはずです。

現在、世界一IQが高い人物はマリリン・ボス・サバントという女性で、その数値はIQ228だそうです。

歴史上の人物でIQが高そうなのは数学者のオイラーガウスノイマンあたりでしょうか。

特にノイマンはIQ的な賢さでは頭一つ抜けているような。

独創(創造)性ではオイラーガウス2名のほうが凄そうですけど。

アルキメデスもすごかったらしいですが、昔過ぎてあまり凄さが分かりません(調べたらいいと思うけど)。

他には万能の人と呼ばれたレオナルド・ダ・ヴィンチや、文豪やドイツの宰相としても功績を遺(のこ)したゲーテなどもIQが高かったらしいです。
個人的に好きな天才を挙げただけかもしれませんね。

天才と言われればよく出てきて有名なアインシュタインはIQ160~190だそうですが、信ぴょう性には疑問が残ります。

○まとめ

最初にも書きましたが、書い人は別にIQ至上主義者ではありません。

個人的な研究(あるいは考察)の対象として興味深いから気になっているだけです。

IQが高いからなんでもできるわけではない、とは肝に銘じておきたいですね。


IQってホントは何なんだ?


IQってホントは何なんだ?知能をめぐる神話と真実【電子書籍】[ 村上宣寛 ]